スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

リハビリ開始 ~全国消防繰法大会終わりました 結果は・・・~


昨日東京から帰ってきました。







で、今朝から釣りに復帰なので

短い時間でしたが

行ってきました リハビリ釣行。




約4ヶ月ぶりにロッド持ちます。



とりあえず「リハビリ」なんで近場から(笑)


まぁまぁのサイズが2つと チビッコがたくさん釣れました。



ボチボチ皆さんに追いついていきたいと思います♪






















さてさて




行ってきました

「全国消防操法大会」!!







・・・・・結果は14位。





恐ろしいほどに


ビミョー  な成績。




別段

驚きもなければ落胆も無い。

後悔もなければ満足も無い。







ミスもあり入賞も逃しましたが

それでも納得して終われました。





上位入賞した団との「共通点」と「相違点」、「差の無さ」と「圧倒的な差」を

体感する事ができ、





「 今後目指すべき目標 」  と

「 目標達成までの道のり 」  と

「課題 」

が ハッキリ見えた

個人的には収穫のあった大会でした。








リハーサルの時から青森県八戸消防団の皆様と好意にさせて頂き、

いろいろお話を聞く中で勉強させていただいた部分も多々ありました。



青森県八戸消防団の操法要員の皆様、ありがとうございました。

(・・・と書いても 見てないだろうけど(^_^;) )








しかし別にこれで消防団活動が終わるわけでもないし

明日からも続くんですけどね。




それに

「操法大会」で結果を残す事だけが

消防団としての活動の全てではないし。







それでも矛盾するようですが、


次もチャンスがあるならば

またここへ来て

今度こそ満足のいく結果を残してみたい

と 思わせてくれる大会でした。


いや

それが全国大会なのかもしれませんね。

























でまぁ




どんなだったか~~って 




ユル~く

レポートしちゃいます♪








まず会場の東京ビッグサイト

081010_1359~0001


こんな感じ



メチャでかいス。










巨大な見本市会場って言えばいいかな











チョット前に

キモヲタどもが殺到して

エスカレーター逆走してニュースになってたトコですわ。














だから


081010_1404~0001


こんなアナウンスが・・・・(笑)
















そんなこともあってか(?)



東京ビッグサイト内の自動販売機には


こんな衝撃的なパッケージのミネラルウォーターが売ってるジャン



画像 004



「東京ビッグサイト土産」ってアンタ・・・・
















そうそう、

大会当日も

「萌え系」イベントやってました。




八戸消防団さん、出番終わってから行ったらしい(爆)













この東京ビッグサイトは

お台場にあるので



もちろん近くには



081010_1524~0001



フジテレビ♪












レインボーブリッジがすぐ近くで

その向こうには東京タワー。






























从*´ ヮ`) < 田舎モンには感動的なロケーションですね。





















大会と並行して

「消防防災展」

みたいなのが開催されてて


大会前日にリハーサルと練習時間があったんですが


その合間のイベントトークショーに














「小倉優子りん」登場♪













消防団員のみなさん

メッチャ盛り上がってました。

みなさん、撮影禁止なのに

制止振り切って やっちゃってました。(笑)












みんな


ガッつきすぎ~~~




















まぁ






僕もですが(爆)(爆)



081011_1315~0001


CA31.jpg


CA32.jpg




顔小さい♪

華奢♪




芸能人って

やっぱりテレビよりもナマで見る方が絶対イイですよね。














可愛いかったです♪








































img20810.jpg

鈴木愛理♪















っと失礼。






























え~



何の話でしたっけ?














℃-ute の インディーズデビューの話でしたっけ?

















あれ?















そうそう







で、そのリハーサル等が終わってからは

「レセプション」 (まぁ夕食会のことですわ)

が行われました。













元プロ野球日本ハム監督の

「大沢親分」を筆頭に

芸能人で構成される「消防団応援隊」っていう

のがあるんですけど

そのなかから




大沢親分や

081011_1722~0001




徳光さん

CA33.jpg



菅原文太さん

081011_1726~0001


をはじめ


田中邦衛さんや水前寺清子さんも来て頂いてました。


















スゲーなー



って思ってた頃に



入り口付近の様子がどうも物々しい。












ちょうど僕たちの席が入り口に一番近い席だったので







なんだろーねー

って見てたら













なんと















麻生太郎首相 登場。




















マジかいな。

























どーりで


おかしーと思ったんですよ。





このカメラの台数。


CA34.jpg








てなわけで

ミーハーな僕ちゃんは

早速誰よりも早く握手♪
















しかし首相が出席って普通に凄いっす。


081011_1717~0001

















すげぇーよ全国大会!!

すげぇーよトーキョー!!



















えぇ






ミーハーな僕は


モチロン





菅原文太さんとも写真撮っちゃいましたけど

それが何か?



















そんな感じで前日リハ・前夜祭は終わり、


いよいよ大会当日。









画像 001



各都道府県代表の応援登り旗






画像 003





全国大会ならではの

独特の雰囲気














改めて 


我々出動団に

最高の舞台を提供して頂いた事に感謝です。




関係者皆さんに感謝です。















そしてここまで支えてくださった

地元消防団員をはじめ消防関係者の皆様に

ほんとに感謝です。
















巷では




「操法不要論」




とか





「競技としての操法不要」


「大会不要」






などと騒いでる人いますが








全国大会で操法を見てみたらいいと思います。






絶対考え変わります。




っつーかねー


変わらないと嘘です。











全国大会に出場してる団の姿や想い、

そしてその背後には 

出場したかったが果たせなかった団の想いなんかも

透けて見えるはずです。










先にも書きましたが

操法だけが全てではありません









しかし






何事にも前向きに一生懸命に取り組む消防団は

必然的にこの舞台を目指すと思うんです。





それが自然でしょ?








やるなら一生懸命やろう

どうせやるなら優勝目指そう





そうなるでしょ


普通




















从*´ ヮ`) < 「不要」とか言ってるのが恥ずかしくなりましゅ♪

















そして

出場してみて初めて分かりました。







この舞台は

「目指す」

それ以上の値打ちがあること。





















また絶対ここへ来たい








少なくとも僕はそう思いました。




強く思いました。

















鈴木愛理♪

img20810.jpg















































スポンサーサイト
2008年10月14日 | Comments(10) | Trackback(0) | 消防のコト。
コメント
お疲れさん
またオニの様な釣行の日々が始まりますな^_^;

しかし俺もメッサ行きたくなったぞ、全国大会v-42
次は再来年か
頑張るワv-91
ヴァイクンフー URL 2008年10月15日 12:37:42 編集
クンフー殿。
全国大会はいいよね~

リリン文明の極みですわ。


マジで行ったら何かが変わるぞ。




そーいえば、自由時間皆無だったため
アナハイムのツナギは買いに行けてません(笑)
sakuramochi URL 2008年10月15日 13:12:14 編集
おつかれさまでした
どうも!   凄いですね全国大会 次は、遊びに来てください

 東京案内いたします

 釣りに仕事に頑張ってください。
やや URL 2008年10月17日 13:15:13 編集
やや殿。
やや殿、毎度です!
コメントありがとうございます!


トーキョーでは御世話になりました!

今度はカヤックで東京湾案内してもらって~ なんて 出来たらいいですね~♪
sakuramochi URL 2008年10月17日 13:32:00 編集
No title
あなたは消防操法大会で入賞するために消防団に入ったのですか?

ならば、すぐに団を辞めたほうがいい。あなたのそばで人が死ぬ。

あなたは名前も知らぬ誰かを助けるために消防団に入ったのですか?

ならば、大会に向ける情熱を防災、救急、消火法の研究に向けたほうがいい。

あなたは名誉を捨てるかわりに、数人~数十人の命を救う。


私たち消防団は陸上部や野球部ではありません。ワールドカップのように負けたけどよくがんばったとは言えません。
負けた=死傷者が出るんです。その人が築きあげた人生の全てがそこで何の意味もなく終わるんです。消火活動に撤退・敗北は許されません。

消防操法大会で必要とされる規律や動きの同調は本当に消火活動に必要なものですか?現場での火点や水利の位置は常に操法大会のそれに順ずるのですか?

また、あなたの住む市町村がどれくらいの規模か知りませんが、あなたが大会出場のため地元を離れたことにより消防団の利点の一つである数の力は失われていませんか?(補充団員や協力団員もたくさんいるしぜんぜん平気といわれればそれまでですが)
少なくとも私の属する過疎化に苦しむ山間地の消防団では死活問題です。


消防団にしろ仕事にしろ、努力するということはとても素晴らしい事だと思います。そしてあなたは全国大会出場という結果も出せている。その力を消防団の本来の目的のために使ってみませんか?


以上、県大会にも出れない弱小消防団員のたわごとでした。長文大変失礼しました。今年の大会がんばって下さい!

あなたがこれからの人生において出会う、災害に苦しむ多くの方々を救うことを願っています。

某消防団員 URL 2010年07月06日 01:55:03 編集
某消防団員℃の





某消防団員さん、

貴重なご意見ありがとうございます。






まずはじめに、私の所属する消防団と私が住む地域の環境をご紹介します。


私たちの住む地域は人口減少の著しい、いわゆる過疎化が深刻な地域です。
我々はそういう環境の中の消防団です。

某消防団員さんもそうであると思いますが、そんな環境の中では消防団が防災の最前線になります。
私たちの消防団もまさに「オラが村はオラで守る」という感覚です。


私たちは消防団員です。
消防活動、啓防活動が我々の使命に他なりません。


少子高齢、急速な人口減少が深刻な中、
もちろん消防団員の確保は非常に困難で
限られた人数での活動も余儀なくされています。


そもそも、消防団が機能しなくてはならない地域というのが、
それとイコールになるのでしょうけど。




そんな中で我々の消防団は活動しています。



こんな地域ですので、みなさんと同様(?)私も
「半強制」のようなカタチでの入団です(苦笑)
しかしながら、何かの縁あって入団した以上は
一生懸命取り組もうと思って、今に至ります。
キッカケは「半強制」でありましたが、
今では消防団に在籍させていただいた事に感謝しています。




################################################





コメント内容から察するに、某消防団員さんは

「 消防団活動に操法は不要 」

とのお考えのようですね。









操法が消防団の訓練に不要かどうか
操法の規律、同調性が火災現場で役に立つか



こんな議論は不毛というか
非常にナンセンスなのでこの場ではしません。













結論から先に話しますと、









操法での規律や同調性など
実際の火災現場で役に立つ訳がない。












こんなこと誰の目から見ても明らかです。











しかし何故そんなことをするのか?












それは「競技」だからです。

競技として成立させ
かつ
消防団員としての規律や秩序を持たせる
というのが目的だという事も
想像に難しくないと思います。








じゃあ何故、競技などさせるのか?

華々しくも「消防団の技術向上と士気の高揚を図る」のが目的
とかされていますが、
狙いは「技術向上や士気高揚のキッカケ作り」なんだと思います。

この競技を行なう為の訓練をして
必ずしもそうなるとは限りませんが。


しかし、そのキッカケを利用して
本当に「技術の向上と士気の高揚」に繋げれるか否かは
取り組む者によると思います。


嫌々取り組めば、それは負担以上の何者でもない。

しかし前向きに取り組めば、必ず僅かでも何か
自分の血と成り肉となる事があるはず。




だからこそ、賛否はあるにせよ「競技」である操法にも
全力で取り組むというのが我々の考え方です。

競技であるとはいえ「訓練」である以上は
全員で取り組みます。
選手以外も真剣で取り組みます。

「どうせやるなら勝つことを目指そう」

これが合言葉です。





先輩方から教わり続けました。

「操法が消防の全てではない。矛盾も有る。
 しかし我々は何であろうと全力で取り組むんだ。
 同時に本来の消防も当たり前のことだが最善を尽くす。
 それが私たちの誇りだ。」



日ごろの消防活動に真剣で取り組み最善を尽くすなんてのは、至極当たり前のことで
それに加えて操法訓練期間中は、その目的達成に全力を注ぐ。


充分でないかもしれませんが
私たちはそうしてきたつもりです。





十数年前、私たちの団は「強豪」などと程遠い団でした。
最善を尽くした結果、運良くではありますが全国大会に出場する事もできました。
人員不足の中で、選手も決して若くはありませんが。
皆で同じ目的を共有する事で結束も固まったと思います。
運良く結果が出たこともあり士気も高揚したと思います。
それらはすべて本来の消防活動にも相乗効果をもたらしたとも思います。










僕の個人的な意見では
操法の訓練が無い方がいいです。
いろんな意味での犠牲も付きまといますし。
しかし、文句を言っても始まらないし
どうせやるなら人に負けるのは嫌だし
それなら高みを目指してやるだけです。







某消防団員さんは、あたかも
私たちが日ごろの消防団活動をお座成りにして
操法の為だけの競技者であるかのような表現されています。
というよりも、まるでそうであると決め付け、
事実確認すら行なわずして、それを前提でお話をされていますね。





非常に失礼だと思います。




操法の賛否だけを訴えるならともかく、
直向に操法というものに取り組んでいる者へ矛先を向けるのは
お門違い甚だしく、憤りすら覚えます。







某消防団員さんは、
他の地域の消防団の方と交流をお持ちになったことがありますか?
先進的な取り組みを実施されている消防団の方のお話をお聞きになった事はありますか?
自分達よりレベルの高い操法に取り組んでいる団の訓練を見に行かれた事がありますか?
県の操法大会や全国操法大会を見に行かれた事がありますか?
県大会や全国大会の常連消防団とお話されたことはありますか?


もし無いようでしたら
是非されることをお勧めします。


必ず何かが変わります。






決して操法が消防団の全てではない。
しかし、その先には必ず何かがあります。








僕は、消防団員を退職するとき

「消防団員でよかった」

と思えるようでありたいと思います。



それが僕の誇りとなる為にも。























sakuramochi URL 2010年07月06日 14:26:56 編集
申し訳ありませんでした
まず、ブログ主さんに不愉快な思いをさせたことをお詫びいたします。本当に申し訳ありませんでした。


>私たちが日ごろの消防団活動をお座成りにして操法の為だけの競技者であるかのような表現されています

私としては、全国大会に出場されるような方が日ごろの消防団活動をおざなりしていらっしゃるとはまったく思っておらず、むしろ私の属する消防団よりもより高度な消火・防災活動を行っておられると考えています。
しかし、私の文章力のなさ・言葉足らずで誤解を招くような表現をしてしまいました。すみませんでした。

>操法の賛否だけを訴えるならともかく、直向に操法というものに取り組んでいる者へ矛先を向けるのはお門違い甚だしく、憤りすら覚えます

仰るとおりです。本題からずれるだけでなく、操法大会に向けて努力されておられる方々を貶めるような発言だったと反省しております。


上記のように、私の稚拙なコメントのせいでsakuramochiさんに大変不快な思いをさせてしまいました。心から謝罪したいと思います。本当に申し訳ありませんでした。


また非礼を承知でお伺いしたいのですが、他の消防団が実施されているという先進的な取り組みとは具体的にどのようなことがあるのでしょう?
駄文コメントを投稿したうえこのような質問をするのはあつかましく、非常に心苦しいのですが、消防団員としてより多くの人の助けになれるよう、少しでも情報が欲しいのです。

本来ならsakuramochiさんの仰るように県大会や全国大会に行って直接お聞きするのが一番いいとは思いますが、仕事や時間の都合上難しいので、恥を忍んでお伺いしたいです。

どうかよろしくお願いします。


某消防団員 URL 2010年07月08日 03:45:51 編集
某消防団員℃の




某消防団員さま。


コメント有り難うございます。

当方も感情的になってしまった部分があり反省しています。

どうも僕は短気でダメです。
後輩を怒鳴ってしまうのも悪い癖です。


> また非礼を承知でお伺いしたいのですが、他の消防団が実施されているという先進的な取り組みとは具体的にどのようなことがあるのでしょう?
> 消防団員としてより多くの人の助けになれるよう、少しでも情報が欲しいのです。


某消防団員さんは
「人助け」というキーワードが一貫しています。
その文章から、よほど強いボランティア精神をお持ちの方だとお見受けし
感銘を受けました。

私の知る範囲内で、尚かつ簡単ではありますが
一例をご紹介します。

どれも共通するのは
「消防団員の確保が困難」
という問題点に起因するものです。

とにかく団員確保困難というのが
諸悪の根元なわけです。




まず、メジャーな取り組みとしては
「機能別分団」という考え方と取り組みがあります。

たとえば有事の際のみに出動する部隊とか
経験を生かし自主防災組織に指導を担当するするOB部隊、
女性で結成した予防広報部隊など
通常の消防団員を正規雇用だとすると
正規雇用数を若干減らしてでも
ケースバイケースの臨時雇用の団員を増やす
という取り組みです。
実際、福岡県の立花町という団だったと記憶しているのですが
このシステムに移行して、市の予算を大幅に縮小することもでき、
通常の消防団員の負担も軽減ができたという報告がありました。

この団は研修施設も作ったようなことを記憶しています。




あとはどこの団だったか忘れましたが
郵便局に協力要請して
災害時に世帯情報を公開してもらい安否確認を
迅速・正確に把握するようにし
郵便局員が使用しているバイクの機動力も生かす
という取り組みをされているところもありました。



我々とは逆で、都心部などでは
勤務地での採用、「勤務地団員」によって
人員確保している例もあります。


あと
モトクロス隊なんかを結成した団もありました。




何らかの取り組みによって
少しでも活性化を図ったり
団員のモチベーションをあげたり
少しでも団員確保の一助となるように
何処の団も創意工夫する必要性に迫られているのが
現状でしょう。



一例をご紹介しましたが
決して参考になるような内容ではないと思います。

広く交流を持つことが一番の解決策だと思います!

視野も広がるし、世界観も変わると思います!

熱い思いがあれば、必ず叶うと思います!!




sakuramochi URL 2010年07月08日 23:34:40 編集
No title
なるほど、どの消防団でも年々団員数の減少が深刻化する中、色々な取り組みをなさっておられるのですね。

特に郵便局との連携の話は、私が昔郵便局で働いていた頃、配達中に火災の第一発見者になったことがある経験から非常に有用だと感じました。

その時は近くの畑におられた家の方と協力して早期消火できたのですが、今考えると炎が人の背ほども立ち上っている部屋に何の装備もないまま進入したのは、フラッシュオーバーや一酸化炭素中毒などの点から非常に危険な行為だったと思います。(当時はまだ消防団には入ってはおらず、火災に対する知識はまったくありませんでした)

しかしこれは、逆に考えれば火災の知識や消火法をしっかり理解できていれば、毎日各家に郵便を配達してまわる郵便局員さんは火災の早期発見・早期消火に絶大な効果があるのではと思いました。
そしてそれは日頃地域の各所で仕事をしている消防団員も。(もちろん、火災を見つけたらまずは119番ですが)


いやはや、大変勉強になりました。
これからはsakuramochiさんが仰るようにもっと視野を広く持ち色々な方と交流を深めて精進していきたいと思います。


sakuramochiさん、いろいろとご迷惑をおかけしました。
そして、本当にありがとうございました!
某消防団員 URL 2010年07月09日 20:12:07 編集
某消防団員℃の


某消防団員さま



やはりお見受けしたとおり熱い方ですね♪



しかし、消防というのは良くも悪くも「組織」です。

「組織」そのものの改革というのは、決して一人で
適うものではありません。
どうかその熱意を伝播して同志を増やして、
そこから押し上げてください。

きっと貴殿なら出来ると信じて疑いません。



また、諸訓練においても
「目標」をたてて「達成」する喜びを感じてください。

やはり消防団、訓練というものが基本です。
訓練に於いて、何か喜びや達成感、意義や充実感などを感じることが出来れば
おのずとモチベーションも上がり、内部から活性化させるのに
有効だと思います。

ですから、是非、操法の訓練においても

どうかどうか
「やるなら勝つ」
とか
「○位までに入るぞ」
とか
明確な目標をもって臨んでで頂きたいと切に願います。

きっときっと必ず何かが変わるはずなんです!

どうか頑張ってください!


益々のご活躍を祈念します!!


sakuramochi URL 2010年07月10日 12:51:38 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

カテゴリー

リンク

リンク2

カレンダー

記事一覧

最近の記事

QRコード

メールフォーム

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。